71年のROCK FESTIVAL IN HIBIYA

これは、フライヤーを持っているだけで、見ていないので、実際の出演者は、多少ちがっているかもしれません。(情報歓迎)

出演者があまりにヴァラエティに富んでいて こんなんで ちゃんとまとまったのか 心配になってしまいます。

なにしろレコードがなかなか買えないで、ロック喫茶へ行っているくらいなので、日本のバンドは、ライブで受けてもレコードは売れない時代だったので、出演者にも主催者にも夢と希望と危機感、野心、すべてがあった時代。

こういう試行錯誤の中から 熟したロックバンドが勢ぞろいしたのは、74-5年になってから。それでも日本のロックはまだまだ売れない音楽でした。

BACK