GSファンのための参考文献

 



 

日本ロック紀GS編コンプリート
GS研究の第一人者、黒沢進氏による名著の最新改訂版

みんなGSが好きだった:北島一平、中村俊夫共著

86年に出版され、絶版になった今では、何倍ものプレミアがついていた「みんなGSが好きだった」が、パワーアップして文庫になった。今回新たに1章とGSのCD再発案内が書き加えられた他、新しい情報も追加されているので、旧版を持っているマニアの人もぜひこっちも買ってみよう。
GSの誕生からその終焉までをGSのメンバーはじめ、すぎやまこういち、プロデュサーの本城氏などGS史の上で重要な各者へのインタビューを交えながら分析。関連年表もあり、音楽だけでなく当時の風俗との関わりも含め「グループサウンズ」とは果たして何だったのかがわかる。当時を知っている人も知らない人もこれを読めばGS通になれるかも。
 

扶桑社文庫 571円  (書籍番号は、な7−1)
 
 
 
 

 レコードコレクターズ 98年11月号 ザ・スパイダース特集

 レコードコレクターズ 4月号 グループサウンズのすべて
この2冊は、月刊誌ですが、全国にバックナンバー取り扱いの書店又は、レコード店があります。また発売元のミュージック・マガジン社へ注文可能。(書店で注文または、直接 101-0051 千代田区神田神保町2−5 北沢ビル 株ミュージックマガジン社 当て 希望の号を明記して注文可  各 600円)

レコード・コレクターズの方は、最近GSを聴きはじめたという若いファンにおすすめ。
以上 どれも 手ごろな値段で買えるのも魅力ですね。

ガレージ・ファンには、99年8月号 の第2特集:プリティシングスも・・・
 

Back To Menu

日本語の目次